/

この記事は会員限定です

参院選、TV放送2割減 都知事選や英EU離脱に関心

13年比、ツイッター発信は9割増

[有料会員限定]

今回の参院選を取り上げるテレビ番組の放送時間が、2013年参院選に比べて2割減っていることが分かった。公示日以降の16日間でみると、NHKと民放5局の参院選関連の放送時間は36時間48分で、13年よりも9時間13分少ない。東京都の舛添要一前知事の辞任に伴う都知事選の報道の過熱も一因だ。

テレビ番組とCMの放送内容を調査・分析しているエム・データ(東京・港)が公示日の6月22日から7月7日までに関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン