/

この記事は会員限定です

伊仙町の大久保町長、「主役は子ども」の仕組みが大事

2030年 不都合な未来(4)

[有料会員限定]

鹿児島県伊仙町は全国1位の出生率と全国有数の100歳以上比率を誇る。どうやって「子育てと長寿」を両立させているのか。伊仙町の大久保明町長にその秘訣を聞いた。

――伊仙町は2012年に高齢者向けの「敬老年金」を廃止し、対象者を絞った「敬老祝い金」に衣替えしました。そこで浮いたお金を子育てに充てたとはいえ、反発はなかったのでしょうか。

「町内19地区でほぼ毎年やっている集落座談会である70代の女性が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1961文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン