/

厚労相、年金情報流出「徹底的に検証」 第三者委が初会合

厚生労働省は8日、日本年金機構の個人情報流出について、第三者委員会による調査を始めた。塩崎恭久厚労相は初会合で「徹底的に検証し、改善すべき点を明らかにすることが極めて重要だ」とあいさつした。委員会で原因究明を進め、再発防止策をまとめる。

初会合では、サイバー攻撃を受け、情報が流出するまでの経緯を厚労省から説明した。今後、年金機構や厚労省の担当者などに聞き取り調査を実施して全容の解明に努める。委員会の事務局長を務める中央大の野村修也教授は「表面的な検証にとどめるわけにはいかない」と述べた。委員は6人。甲斐中辰夫元最高裁判事が委員長を務める。独立性を保つため、厚労省の職員は除外した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン