連夜の夕食会・ゴルフ…安倍首相を異例のもてなし

2017/2/8 23:34
保存
共有
印刷
その他

9~13日の日程で訪米する安倍晋三首相は、フロリダ州パームビーチで10、11日の連夜、トランプ米大統領夫妻との夕食会に出席する。首相が外国首脳と2日連続で夕食をともにするのはまれだ。ワシントンでも10日の首脳会談後の昼食会に臨むほか、11日もゴルフを挟んで朝食や昼食を一緒にするとみられ、異例のもてなしとなる。

トランプ氏が所有するフロリダの別荘(2016年11月撮影)=ロイター

パームビーチでの宿泊先は10日、11日ともトランプ氏の別荘。11日にゴルフを楽しむ予定だ。日米首脳がゴルフをしたのは、1957年に首相の祖父・岸信介元首相が訪米した際、ワシントン郊外のゴルフ場でアイゼンハワー元大統領とプレーして以来だ。

首相は8日の公明党の山口那津男代表との会談で「信頼関係を深めるチャンスにしたい」と期待をにじませた。

ワシントンでは10日昼に日米首脳会談をホワイトハウスで開き、共同記者会見に臨む。その後、両首脳は一緒に大統領専用機でフロリダに移動する方向で調整している。首相は首脳会談の前に、全米商工会議所との朝食会やアーリントン国立墓地での献花も予定している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]