/

野党4党、次期衆院選の候補者調整を加速 「9条改悪」は反対

民進、共産、自由、社民の野党4党は8日、国会内で党首会談を開き、次期衆院選に向けて候補者調整を加速させることで合意した。調整を終えた選挙区から順次公表する。憲法に自衛隊を明記したいとした安倍晋三首相の提案を踏まえ「安倍政権が狙う憲法9条の改悪に反対する」との方針も確認した。

蓮舫代表は記者会見で選挙協力について「いつ選挙があってもおかしくないように調整をしていく」と強調。共産党の志位和夫委員長も「一歩踏み込んで協力することを確認したことには意義がある」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン