/

退位法案、9日成立 陛下一代限りの特例法に

天皇陛下の退位を実現する特例法案は9日の参院本会議で、自由党を除く与野党の賛成多数で可決、成立する。陛下の一代限りの退位を認め、1条に陛下の退位に至る事情を詳細に記した。一般化を避け、退位が今上陛下の個別の事情であることを強調した。退位日となる法施行日について、公布日から3年を超えない範囲で政令で定めると規定した。

法案名は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」。陛下が高齢により公務の継続が困難になることを「深く案じておられる」と指摘し「国民は陛下のお気持ちを理解し共感している」と明記した。皇位継承のあり方を定めた皇室典範と特例法が「一体を成す」とする付則規定も置いた。退位後の陛下の呼称は「上皇」、皇后さまは「上皇后」とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン