/

この記事は会員限定です

農水産物輸出を迅速に 農水省、検疫・通関 3日に短縮

[有料会員限定]

農林水産省と青果や水産物などを扱う卸売市場が連携し、農水産物の輸出手続きの大幅な迅速化に乗り出す。空港内や卸売市場内で農産物の輸出証明、検疫、通関などを一気に済ませ、手続き日数を3日程度に半減させる。商社などと個別に契約を結ぶ必要がなくなり、全国の一般的な農家にも輸出する機会が広がる。輸出先の関税が撤廃される環太平洋経済連携協定(TPP)も好機ととらえ、政府は農産物輸出を2020年に1兆円に増やす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン