日中、癒えぬ尖閣の傷 国交正常化45年で式典

2017/9/8 23:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】日中国交正常化45周年を記念する式典が8日、北京の人民大会堂で開かれた。2012年の40周年式典は沖縄県・尖閣諸島の国有化に中国が猛反発して中止されたため、10年ぶりの大規模な式典開催となった。関係改善の方向性を確認したとは言えるが、尖閣諸島や歴史の火種はくすぶり続け、12年以前の水準には戻っていない。

式典には日本国際貿易促進協会の会長を務める河野洋平元衆院議長や日中協会会長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]