/

この記事は会員限定です

首相、終戦記念日の靖国参拝見送り 中韓に配慮

[有料会員限定]

安倍晋三首相は終戦記念日である15日の靖国神社(東京・九段北)への参拝を見送る方針を固めた。代わって玉串料を奉納する。首相の靖国参拝に反対している中国や韓国に一定の配慮を示す狙いがある。第2次安倍政権発足後の2013年、14年の終戦記念日と同じ対応となる。

首相は9月初旬に中国を訪問し習近平国家主席と会談する検討を進めており、今秋には日韓首脳会談の実現の可能性も模索している。参拝見送りで中韓両国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン