/

首相「重く受け止める」 天皇陛下「お気持ち」受け

天皇陛下のお気持ちがビデオメッセージで表明され、コメントを発表する安倍首相(8日午後、首相官邸)=共同

安倍晋三首相は8日午後、天皇陛下による「生前退位」を巡るビデオメッセージの公表を受け、首相官邸で記者団に「天皇陛下が国民にご発言されたことを重く受け止めている」と語った。天皇陛下の公務のあり方などについて「陛下のご心労に思いをいたし、どのようなことができるかしっかりと考えなければならない」と語った。

首相はこれまで「事柄の性格上、コメントは控えたい」と述べるにとどめていたが、陛下が意向を正式に公表されたことを受けて見解の表明に踏み切った。政府は今後、有識者の意見なども踏まえ、国民世論の動向を見極めながら慎重に検討を進める方針だ。

天皇陛下の生前退位は象徴天皇制を定めた憲法にも深く関わる問題。憲法は天皇陛下の政治的言動を禁じているため、首相も政府の具体的な対応には言及せず、陛下がお気持ちを表明した事実に対しての受け止めを述べるにとどめた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン