2019年4月23日(火)

環境版ダボス会議、日本で毎年開催へ

2014/10/9付
保存
共有
印刷
その他

政府は8日、温暖化対策に向けた技術開発をすすめる国際会議(ICEF)を初めて開いた。安倍晋三首相が昨年、環境版のダボス会議をめざすとして提唱し、今年から日本で毎年開催することになった。2015年末にパリで開く第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で京都議定書に代わる温暖化対策を決めるのをにらみ、日本は独自の技術政策をアピールしていく。

安倍首相は会議で「未来に向けた技術のロードマップ(計画)を国際的に共有しないといけない」と強調。会議の声明は「温暖化ガス排出を大幅に減らす技術革新をうながす」と訴えた。

日本は世界に占める温暖化ガスの排出量が2.6%にとどまり、国内の削減余地は限られる。原発再稼働が不透明で削減目標を決めるのが遅れていることもあり、技術力での国際貢献を訴える。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報