/

この記事は会員限定です

「出国税」導入へ論点は? 日本人からも徴収検討

[有料会員限定]

観光庁は15日、国内の観光資源を整える財源に充てる「出国税」に関する有識者検討会を初めて開いた。年内にも制度の大枠を固める構えだが徴収手法や対象範囲など難題が多いうえ観光業界の反対論も強く、調整の着地点は見えない。論点を整理した。

Q そもそも出国税とはどんな構想なのか。

A 2016年の訪日客は2400万人を超え、15年に比べ2割増となった。一方、地方では複数言語の観光表示や通信環境をはじめ、観光...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1066文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン