/

この記事は会員限定です

政府、利払いの税優遇縮小へ 多国籍企業の税逃れ防ぐ

[有料会員限定]

政府は企業が支払う金利に対する法人税の優遇を縮小する検討に入った。各国の税制の違いを利用した多国籍企業の税逃れを防ぐ狙い。現行法は利払い費について所得の5割まで税務上の費用(損金)に認めているが、経済協力開発機構(OECD)が検討中の勧告に沿って3割までに引き下げる。与党の議論を経て早ければ2017年の通常国会に租税特別措置法改正案を提出する。

グループ企業に過大な金利を払って所得を目減りさせる節...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン