/

自民、岩手の候補者調整で確認書 次期衆院選で選挙区減

自民党の二階俊博幹事長と塩谷立選挙対策委員長は8日午前、次期衆院選から小選挙区の数が4から3に減る岩手県の候補者調整に関し、県連幹部や県選出衆院議員と確認書を交わした。旧3区が地盤だった橋本英教氏が比例代表東北ブロックにまわり、新1区は高橋比奈子氏、新2区は鈴木俊一氏、新3区は藤原崇氏を候補予定者にした。

橋本氏の比例名簿順位に関しては党本部が判断することも確かめた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン