/

実質賃金5カ月ぶり減 11月0.4%、特別給与落ち込む

厚生労働省が8日発表した昨年11月の毎月勤労統計調査(速報値)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比0.4%減と5カ月ぶりにマイナスだった。基本給や残業代は伸びたが、ボーナスなどの特別給与が落ち込んだ。賃金の伸びがなお鈍いことを映す結果になった。

調査は従業員5人以上の事業所が対象。実質賃金のマイナスは給与の伸びが物価の伸びを下回っている状態を示す。

現金給与総額は前年同月比横ばいの27万4108円だった。基本給を示す所定内給与は前年同月比0.5%増の23万9818円、残業代などの所定外給与は同1.1%増の2万193円。所定内給与は9カ月連続、所定外給与も5カ月連続でそれぞれ増加した。

一方、ボーナスなど特別に支払われた給与は同8.6%減の1万4097円と大きく減った。産業別にみると、医療・福祉が70.1%減の8371円に落ち込んだ。厚労省が昨年1月に調査対象の事業所を入れ替えたことが特別給与の大幅な減少に影響したとの見方も出ている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン