/

この記事は会員限定です

維新、大阪系と和解合意 将来的な解党など柱に

[有料会員限定]

維新の党の松野頼久代表らは8日午後、橋下徹大阪市長が結成した「おおさか維新の会」に参加する片山虎之助参院議員らとの分裂騒動を収拾するため、維新の将来的な解党などを柱とする和解案で正式に合意した。年内に配分される政党交付金は必要経費を除いて国庫に返納するほか、維新が野党再編への道筋をつけるまで「維新の党」の名称を使うのを認める。

維新は7日、民主党と年内の統一会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン