/

5月経常黒字1.8兆円、11カ月連続 原油安で輸入額減

財務省が8日発表した5月の国際収支統計(速報)によると、海外とのモノやサービスの取引状況を表す経常収支は1兆8809億円の黒字だった。黒字は11カ月連続で、黒字幅は前年同月から1兆3680億円拡大した。原油安で輸入額が減り貿易赤字が少なくなった。一方で、企業が海外から得る配当や特許権の使用料などが増えた。

経常黒字は5月としては2兆1242億円だった2007年以来、8年ぶりの高い水準になった。貿易赤字は473億円で、赤字幅は前年同月から6514億円縮小した。自動車などの輸出が振るわなかったものの、原油の値下がりで輸入額が大きく減ったことが寄与した。

旅行や輸送などのサービス収支は1037億円の黒字で、2カ月ぶりに黒字に転じた。サービス黒字のうち、知的財産権等使用料が3909億円と過去最大の黒字になったことが大きかった。自動車メーカーを中心に海外子会社からの使用料の受け取りが増えた。

企業の海外投資の大きさを映す第1次所得収支は2兆130億円の黒字で、黒字幅は前年同月から5541億円拡大した。証券投資での受け取りや海外子会社からの配当金が増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン