/

この記事は会員限定です

「ブランド農産品」模倣防げ 海外での特許取得支援

[有料会員限定]

政府は高い品質や知名度をもつ「ブランド農産品」が海外で模倣生産されることを防ぐため、権利保護の支援に乗り出した。種や苗に「特許」を与える品種登録制度の活用を促すため、1件あたり100万~200万円に上る費用の全額を農家に助成する。出願書類の作成を支援し、弁護士らの相談窓口も設ける。知的財産の保護で国際競争力を強め、農産品輸出の拡大につなげる。

ブランド農産品は、品種改良や栽培技術の改善などで作った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン