TPP法案、8日は採決せず 与野党合意
10日で再調整

2016/11/7 21:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

与野党は7日、環太平洋経済連携協定(TPP)承認案・関連法案の8日の衆院本会議での採決を見送ることで合意した。与党は同日中の衆院通過を目指していたが、断念した。与党は10日の採決を目指して再調整するが、民進党は山本有二農相の不信任決議案提出をなお模索。30日までの国会会期の延長は不可避との見方が広がっている。

衆院議院運営委員会は7日の理事会で、8日の衆院本会議日程について協議。与党側は地球温暖…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]