2019年6月17日(月)

非核三原則、民主が首相答弁に反発

2015/8/7付
保存
共有
印刷
その他

民主党は7日、安倍晋三首相が広島市での原爆死没者慰霊式・平和祈念式でのあいさつで触れなかった「非核三原則」をめぐり、9日の長崎市で開く原爆犠牲者慰霊平和祈念式典でのあいさつで触れると衆院予算委員会で答弁したことについて「広島と長崎で内容を変える理由がない」(榛葉賀津也参院国対委員長)と反発を強めた。

榛葉氏は非核三原則に言及しなかった理由を国是のため「当然の前提」と首相が説明したことに対し「終戦70年の節目だからこそ、当たり前のことをきちんと言い続けることが大事だ」と反論した。同時に「集団的自衛権に関する憲法解釈を自由に変える人が『国是だから』と言っても、何の説得力もない」と批判した。維新の党の柿沢未途幹事長も都内で記者団に「広島で盛り込まなかったことが批判され、方向転換したのだろう」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報