夏の賞与、8年ぶり高水準 大手平均で92万円に
車・電力けん引

2016/6/7 23:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経団連は7日、大手企業を対象とした2016年夏のボーナス(1次集計)の交渉結果をまとめた。平均妥結額は92万7415円と3.74%増え、8年ぶりの高水準。業績が改善した自動車や電力がけん引した。

前年を上回るのは4年連続。円高・株安傾向が続く可能性もあり、来年以降も賃上げが進むか不透明な面もある。

東証1部上場で従業員500人以上の大手企業、95社を調査した。夏のボーナスでは16年3月期決算など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]