公明代表、カジノ法案審議入りに慎重

2016/9/7 20:34
保存
共有
印刷
その他

【ハバナ=共同】公明党の山口那津男代表は6日夜(日本時間7日午前)、訪問先のキューバで同行記者団と懇談し、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案に関し、秋の臨時国会での審議入りに慎重な姿勢を重ねて示した。「カジノがある国での(ギャンブル依存症の)副作用を見てきた。慎重に考えるべきだ」と述べた。

観光の起爆剤になるとの推進論について「キューバや日本にカジノはないが、外国人観光客は増えている。観光資源の切り札になるとは必ずしも言えない」と批判した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]