/

日本企業、欧州で特許取得46%増 16年

欧州特許庁(EPO)がまとめたリポートによると、2016年に日本企業が欧州で取った特許の取得件数は1万5395件。前年に比べ46%増え、過去10年間で最も多くなった。出願件数は2万1007件と横ばいだった。EPOが特許審査のスピードを上げているのが主因だという。

欧州連合(EU)は今年中の開始を目指す新しい欧州統一特許制度に向け「審査の効率化に力を入れる」(バティステリ長官)方針を表明。EPOは14年から、特許審査の迅速化を進めている。

日本企業が特許の出願を厳選していることも、取得数が増えた背景にあるとの見方もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン