経団連会長、就活「元に戻すのも選択肢」 10月以降検証

2015/9/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 経団連は今年から導入した大学生の就職活動の新ルールを再び見直す検討に入った。榊原定征会長が7日の記者会見で、4月に面接を解禁する従来の日程に戻すことも「選択肢としては当然ある」と語った。今後実施する会員企業向けの調査を踏まえ、どこまで見直すかを判断する。

 経団連は企業が面接などの選考を始める時期を従来の4月から8月に遅らせたが、就職活動が結果的に長期化したことに批判が強い。さらに外資系など経団連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

榊原定征安倍晋三経団連

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 25日 21:03
23日 7:01
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 25日 23:21
25日 23:15
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
25日 21:55
25日 21:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報