/

この記事は会員限定です

NISA一本化を検討 積立型と現行型、与党大綱案

[有料会員限定]

与党が8日にまとめる2017年度税制改正大綱案が明らかになった。配偶者控除の年収基準の見直しやビール系飲料の酒税額の一本化を決定事項として明記した。そのうえで将来の検討課題として、複数の制度が併存する少額投資非課税制度(NISA)を一本化することを盛り込んだ。消費税収を地方により手厚く配分することも検討課題とする。

現行のNISAは年間の投資上限が120万円に設定されているが、枠を使い切っている人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン