2019年2月20日(水)

安保法制、維新が8日に対案提出

2015/7/7付
保存
共有
印刷
その他

維新の党は7日午前の執行役員会で、安全保障関連法案の対案を8日に国会に提出することを決めた。衆院議院運営委員会理事会でも、8日午前に提出する方針を伝えた。松野頼久代表は「直ちに採決していいわけではない」と述べ、来週にも衆院採決をめざす政府・与党をけん制した。

維新案は政府の「存立危機事態」に基づく集団的自衛権の行使を認めず代わりに「武力攻撃危機事態」を設け、日本周辺で日本を守る外国軍が武力攻撃を受けた場合、自衛権を行使できるとした。公明党の山口那津男代表は7日午前の記者会見で「提出されれば接点があるかどうか、よく検討する」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報