/

この記事は会員限定です

外相、サイバー問題の国際会議に出席検討 五輪にらむ

[有料会員限定]

岸田文雄外相は4月16、17両日にオランダ・ハーグで開く「サイバー空間に関する国際会議」への出席を検討する。4回目の会議で、日本の外相の参加は初。サイバー攻撃の脅威が増す2020年東京五輪を見据え、国際社会との連携強化や人材育成を呼びかけるのが狙い。中東の過激派「イスラム国」のインターネット戦略なども話し合う見通しだ。

国際会議は官民のIT(情報技術)関係者らがサイバー空間に関する諸問題を話し合う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン