/

この記事は会員限定です

日本人、2000年から受賞ラッシュ 自然科学分野で底力

[有料会員限定]

2000年以降、自然科学分野の最高の栄誉とされるノーベル賞で日本人の受賞が相次いでいる。基礎科学から応用工学まで幅広い分野の成果は、日本の科学技術の底力を示している。日本の自然科学系の受賞者はこれで19人となった。スウェーデンを抜いて、米英独仏に次ぐ5位の位置につけたことになる。

ノーベル賞の受賞ラッシュの先駆けとなったのは00年、電気を通す高分子を開発した白川英樹氏(化学賞)だ。1949年、中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン