/

石破氏、非核三原則見直し言及 「抑止力十分か」

自民党の石破茂元防衛相は6日のテレビ朝日番組で、非核三原則の見直しに言及した。相次ぐ北朝鮮の核実験やミサイル発射を踏まえ「米国の核の傘で守ってもらうといいながら、日本国内には(核兵器を)置かないというのは本当に正しい議論なのか」と語った。

石破氏は「感情的には持ち込ませない方がいいに決まっている」と指摘。核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」とする非核三原則について「抑止力として十分か考えないといけない」と強調した。

日本が核兵器を保有することについて「唯一の被爆国である日本が核を持てば、世界中どこが持ってもいいという話になる」と否定的な立場を示した。防衛相経験者の石破氏の非核三原則見直し論は日本国内外に波紋を広げる可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン