農協改革、大筋決着へ JA全中の監査権限撤廃

2015/2/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国約700の地域農協の競争と創意工夫を促す政府の農協改革は、全国農業協同組合中央会(JA全中)の制度を廃止することで決着する見通しとなった。地域農協を束ねるJA全中の監査・指導権をなくし、一般社団法人に転換する。1954年に始まった中央会制度をほぼ60年ぶりに見直し、地域農協の自立につなげる。JA全中は受け入れる方向だ。

安倍晋三首相は6日、西川公也農相と会談し、農協改革の骨格について説明を受…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]