文民統制で政府統一見解 防衛省法改正案を提出

2015/3/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は6日、防衛官僚(背広組)と自衛隊幹部(制服組)が対等の立場で防衛相を補佐するようにする防衛省設置法改正案を国会に提出した。背広組優位と取れる現行規定は文民統制(シビリアンコントロール)の一環といわれてきたが、国内外で自衛隊の活動が広がりをみせる中、背広組と制服組が連携を深めて運用を効率的にする必要があると判断して見直す。

中谷元・防衛相は6日の衆院予算委員会で、文民統制に関する政府の統一見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]