2019年3月23日(土)

日欧EPA、酒・農産品の地理的表示を相互保護

2017/7/6 22:46
保存
共有
印刷
その他

日本と欧州連合(EU)は経済連携協定(EPA)で、ワインや日本酒、農産品などで両地域の地理的表示(GI)を保護し合うと決めた。

酒類で日本側はEU側の「シャンパン」「ボルドー」など139の名称を保護。国内業者の激変緩和措置のため5年の猶予期間を設ける。EU側は日本側の8つの名称を保護する。農産物は日本側が「カマンベール・ド・ノルマンディ」など71品目の欧州産品、EU側が「夕張メロン」や「神戸牛」など31品目の日本産品を相互に保護する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報