/

行政事業レビュー、参考人30人を発表 宇宙飛行士の星出氏ら

河野太郎行政改革相は6日の記者会見で、税金の無駄遣いを検証する「行政事業レビュー」で意見を述べる30人の参考人を発表した。宇宙飛行士の星出彰彦氏や、浜松市の鈴木康友市長らが11日から3日間かけて開く議論に参加する。

レビューでは、大学教授ら19人の「評価者」とは別に、各分野の専門家である参考人が意見を表明する。原子力発電などエネルギー分野には都留文科大学の高橋洋教授や、自然エネルギー財団の大林ミカ事業局長が参加する。

星出氏は国際宇宙ステーション(ISS)の議論に加わる。行革相は「ISSに滞在した方の意見は貴重だ。ご自身の経験でお話いただきたい」と語った。地方創生関連では、観光政策に詳しいデービッド・アトキンソン氏らが出席する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン