/

この記事は会員限定です

カジノ法案、依存症対策など課題(Q&A)

[有料会員限定]

カジノを中心とした統合型リゾート(IR)には野党や公明党の慎重論が根強い。論点や課題をまとめた。

カジノ法案を巡る論点
1 合法性・公益性
○カジノを違法な賭博の例外にする根拠は
○収益をどう社会に還元するか
2 経済効果
○外国人観光客の増加や地域振興につながるか
○シンガポールなど近隣国のカジノと競合しないか
3 ギャンブル依存症・犯罪対策
○ギャンブル依存症の増加をどう防ぐか
○暴力団などの関与を排除できるか

Q カジノ法案とは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン