/

世耕官房副長官、在任歴代トップ 「充実の3年半」

世耕弘成官房副長官は6日の記者会見で、6月22日に在任期間が通算1275日となり、政務担当の副長官として歴代トップになったことについて「本当に仕事という面で充実している3年半だ」と語った。佐藤内閣で副長官を2度務めた木村俊夫氏の通算記録を抜いた。印象に残る仕事についてアベノミクスの推進、東京五輪の招致、テロや自然災害への危機管理を挙げた。

世耕氏は2012年12月に発足した第2次安倍内閣で副長官に就任した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン