/

首相「日韓合意逆行、建設的でない」 米副大統領に

安倍晋三首相は6日午前、米国のバイデン副大統領と約30分間電話した。バイデン氏は旧日本軍による従軍慰安婦問題を巡る2015年末の日本と韓国の合意を支持し、着実な履行への期待を表明。首相は「日韓両政府が責任を持って履行することが重要で、逆行することは建設的でない」と説明した。

両氏は20日にトランプ次期大統領が就任するのを前に、日米関係の発展に関する4年間の双方の働きを評価した。首相は日米同盟について「かつてないほど強固な『希望の同盟』だ」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン