ケアプランに自己負担 介護給付抑制へ厚労省検討

2015/9/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は高齢者らの介護サービス計画を作る在宅介護支援(ケアマネジメント)で一部自己負担を求める検討を始める。今は全額介護保険でまかなっている。介護給付費の膨張を抑えるため、1割を自己負担にする案が浮上している。対象は介護保険利用者のほぼ半数で300万人を超える見通し。2018年度の介護報酬改定に合わせて導入を目指す。

厚労省は10月、介護報酬改定に向けた基礎調査を始める。介護保険法の改正も必…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]