/

この記事は会員限定です

投信相談 郵便1万7000局で 日本郵政、貯金から移行促す

[有料会員限定]

日本郵政グループの日本郵便とゆうちょ銀行は投資信託の販売体制を拡充する。顧客の相談に応じる郵便局を現在の約800から1万7000に拡大。併せて投信を販売する郵便局を今後200局増やし、1500局体制にする。長期運用に適した低リスク商品をそろえ、貯金からの乗り換えを促す。

現在、投信に関わる業務をしている郵便局は、簡易局を除く全国2万局のうち1割程度。今後は9割を占めるようになり、地方の高齢者などの運用ニーズに応える体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り489文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン