/

尖閣周辺、接続水域に中国漁船230隻

外務省が抗議

外務省は6日、午前8時5分ごろに沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域で中国海警局の船6隻と中国漁船230隻を確認したと発表した。同省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日午前、駐日中国大使館公使に退去を求めたうえ「現場の緊張をさらに高める一方的な情勢のエスカレーションであり、決して受け入れられない」と抗議した。

尖閣周辺で中国の公船や漁船の領海侵入や接続水域に入るのは常態化しているが、数百隻規模は異例という。外務省によると、海警局の船6隻のうち3隻は武器も搭載していた。接続水域は領海につながる公海で、外国船の航行は国際法違反ではない。ただ、隻数の多さに加え、武装した船が入れば緊張が高まりかねないと判断し、抗議に至った。

外務省は5日も杉山晋輔次官が尖閣周辺の日本領海に中国漁船と海警局公船が同時に侵入したとして程永華駐日大使に抗議した。中国公船が領海内で同国の漁船に対し法執行すれば中国法執行機関の活動を認めることになりかねず、問題視した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン