羽田―米東海岸便が焦点 日米航空交渉、9日から

2016/2/6 23:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米航空交渉が9日から東京で始まる。現在就航していない羽田空港から米東海岸への直行便が実現するかどうかが焦点だ。日本は昼間の時間帯に10便(1往復で1便)、深夜早朝に2便の1日12便を提案する方向だ。合意すれば今秋にも昼間の「羽田―ニューヨーク」便などが実現する可能性がある。

日米航空交渉は昨年12月に6年ぶりの公式協議を開いた。わずか2カ月での再開だ。日本側は国土交通省が交渉を担う。

現在の羽…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]