/

首相、自民案通りの改憲「まったくない」

安倍晋三首相は6日午前、広島市内で記者会見し、憲法改正を巡り自民党が野党時代にまとめた草案に関し「そのまま改憲案として国民投票にふされることは全くないと言っていい」と述べた。改憲案は「国民的議論の末に収斂(しゅうれん)していく」と指摘。「国会の憲法審査会という静かな環境で真剣に議論し、国民的な議論につなげていくべきだ」と語った。

首相は平和記念式典でのあいさつで、昨年は触れなかった「非核三原則」に言及。記者会見でも「核兵器のない世界に向け、強い決意で努力を積み重ねていく」とした。「核兵器を保有することはあり得ず、検討することもあり得ない」とも強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン