/

自衛隊員の自殺者、04~06年度に100人超

政府は5日の閣議で、2003~14年度の自衛隊員の自殺者数に関する答弁書を決定した。04~06年度はいずれも自殺者数が100人以上だった。10万人あたりの自衛官の自殺者数は04年度が39.3人、05、06年度が38.6人で、最も低かった14年度の29.1人を除き30人を超えた。日本人成人の平均23.7人(14年)をいずれも上回っている。

自殺者が多かった04~06年度は陸上自衛隊がイラク復興特別支援特措法に基づきイラクに、海上自衛隊がテロ対策特措法に基づきインド洋に派遣された時期。答弁書では「自殺は様々な要因が複合的に影響し合って発生する。海外派遣との因果関係を特定するのは困難な場合が多い」とした。民主党の阿部知子氏の質問主意書に答えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン