/

この記事は会員限定です

農水副大臣・政務官、経産族ずらり 改革地ならし?広がる波紋

[有料会員限定]

政府が5日発表した農林水産省の副大臣と政務官の人事が波紋を呼んでいる。4人のうち3人は経済産業省の元官僚が占めたためだ。農水省は今年6月に経産省との間で初めて局長級の人事交流を行ったばかり。農業の地盤沈下が止まらない中、一連の人事には産業界の力を借りて農業の構造改革をめざす安倍政権の狙いが透ける。

経産省出身なのは副大臣の斎藤健氏、政務官の細田健一氏と矢倉克夫氏の3人。公明党の矢倉氏以外は自民党に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン