自民・谷垣幹事長が検査入院

2015/10/5 19:55
保存
共有
印刷
その他

自民党の谷垣禎一幹事長が大腸ポリープを切除し、その後の経過観察のため検査入院していることが5日分かった。関係者によると9月28日の内視鏡検査で発見し、すぐに切除したという。6日に退院し、公務に復帰する予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]