基礎収支赤字3兆円減 15年度予算案、半減目標達成へ

2015/1/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の2015年度予算案は、社会保障費などの政策経費を税収などでどれだけ賄えるかを示す基礎的財政収支が改善し、赤字幅は14年度予算より3兆円超減らせる見通しだ。消費再増税は先送りしたが、企業業績の改善などで税収が回復するためだ。金融市場が注視する政府の財政健全化目標も、15年度予算案ベースでは達成できる見通しだ。

政府は14日に15年度予算案を閣議決定し、2月中旬をめどに通常国会に提出する。基礎…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]