/

この記事は会員限定です

福島廃炉、費用負担が焦点 料金上乗せ浮上

専門委始動

[有料会員限定]

経済産業省の専門委員会は5日、東京電力福島第1原子力発電所事故の追加費用負担をめぐる検討を始めた。東電自身の事業再編やリストラで大幅に膨らむ費用を最大限捻出する方針を確認。ただ、廃炉などで国の支援や東電以外の利用者による追加負担が必要になりそうで、政府・与党内でも議論が活発になりそうだ。

同日の専門委員会には、経済同友会の小林喜光代表幹事や日本商工会議所の三村明夫会頭らが参加した。オブザーバーとし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン