/

この記事は会員限定です

郵政株「価値7.9兆円」 主幹事証券が試算

純資産の6割

[有料会員限定]

今秋の上場を目指す日本郵政の株式価値について、主幹事証券会社が7.9兆円程度と試算していたことが5日、分かった。日本郵政の2014年9月末時点の連結純資産は13.8兆円あり、その6割程度の評価となる。早期の上場実現に向けて純資産の大半を占める子会社、ゆうちょ銀行の株式価値をいかに高めるかが課題となりそうだ。

試算したのは野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、ゴールドマン・サックス証券、J...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン