/

この記事は会員限定です

個人宅の有料「民泊」拡大 政府、規制見直しへ

[有料会員限定]

訪日外国人の増加が続くなか、個人が一般住宅に有料で泊める「民泊」の利用が拡大している。大都市のホテル不足の解消に向けた期待がある一方、旅館業法に抵触するリスクも抱えている。政府は実態の把握を進めて必要な規制の見直しにつなげる考えだが、時間がかかりそうだ。

民泊サービスで有名なのは、米国に本社を置く「Airbnb」(エアビーアンドビー)だ。2008年に設立され、世界190カ国の3万4000都市以上で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り448文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン