/

この記事は会員限定です

沖縄県議選、辺野古反対派が過半数 反基地の高まり映す

[有料会員限定]

任期満了に伴う沖縄県議選(定数48)は5日投開票され、米軍普天間基地(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する勢力が過半数を占めた。米軍属による女性遺棄事件を受け、県内の反基地感情が高まったことが響いた。

辺野古移設に反対する翁長雄志知事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り123文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン