/

この記事は会員限定です

原発再稼働、自民前面に 防災・廃炉「国の関与拡大を」

[有料会員限定]

九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働判断を控え、自民党が原発再稼働の環境整備に動き始めた。再稼働に積極的な電力安定供給推進議員連盟(細田博之会長)は原子力防災に関する国の関与拡大を求める議論を開始した。党政調会も新たな調査会で廃炉対策など中長期的な課題解決に取り組む。川内原発以外でも再稼働を順調に進めるため、地域住民の懸念や不満を取り除くための政策推進を政府に促す考えだ。

「福島...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン